お客様の声

                

N・M様 「2回目の家庭出産。3人目の誕生を迎え想うこと。」

(お母さんより)

無事に生れてきてくれたことに感謝する日々。
赤ちゃんのお世話は、何人目でも大変!!みんな本当に頑張ってくれている。

長女は、お母ちゃんの隣で寝たいと一度も言わない。
赤ちゃんのお世話をとても楽しみながらやってくれ、たくさん話しかけてくれる。

次女は、嫌がることなく保育園に毎日行き、母ちゃんが恋しい時も話せばぐっと我慢してくれる。

主人は、家事・長女、次女の世話・赤ちゃんのお風呂・仕事…

こうやって、みんなそれぞれ小さないのちを守るために頑張ってくれている。
みんなが力を合わせて生きている事を感じれる毎日がとても幸せで改めて、
「あぁ、家族っていいなぁ。」とつくづく想う。

それと同時に「一番身近な存在だからこそ気遣いや感謝のこころを忘れず!」という言葉を実感する。

まだまだ当たり前のように頼ってしまったり、感謝の言葉を伝え忘れていたり、
反省することも多々あるけれど…生きてるって「キセキ」だと思う。

キセキに感謝し、相手の存在を慈しみ尊重し支え合っていける笑顔の絶えない家族でありたい。
長男が生まれて1ヶ月。これが今の私の想いです。

(お父さんより)
とりあえず、無事に生まれてきてくれてありがとう。

長女はアトピーのこと、次女は初の自宅出産のこと、
そして3人目の長男の時は、仕事と家庭のバランスを学んでいるような気がします。

全てが必然だと思うと、なるほど、その時々で自分達に足りないものが見つかって勉強になるなぁ~。

まだまだ親として、人間として未熟だけど一緒に家族みんなで成長していきましょう。

46462013-09041564654646

T.O様「2012年4月3日、嵐の午前中に男の子を出産☆」

一人目を東京で自宅出産し、引っ越してきたばかりの広島での二人目は自宅出産できなくてもそれはそれでいいかと思っていました。 ところが、初めて検診に行った産婦人科でなぜか真鍋さんに出会い、そのままお産を担当してもらうことに。

最初の出産とは違って、周りの理解を求めたり精神的に窮屈なこともなくなっていたため検診のときはおしゃべりを楽しむ時間でした。 とくに、広島に来てから日々のことばかりで知り合いも少なくて交友関係がほとんどなかった自分にとっては 真鍋さんとの交流が自分を解放する時間でもあって毎回検診にきてくれているときは悩みがあるようでないなーと来てもらうことで解消されているようでした。 親からすると経験のある助産師さんの方がよいのでは?という意見もあったものの、 自分の中では感覚の近い人の方が安心できるからいいなと感じ、妊娠中はあっという間に過ぎていきました。

出産当日、明け方5時くらいの陣痛で真鍋さんを呼び、旦那さんが台所で準備をする中でもうすぐで2才になる長女と遊んだりしながら過ごしていました。 陣痛が割とはじめから感覚が短かったので徐々に痛みが増してきて、10時頃に娘におっぱいをあげたのが促進剤になったようで、その後1時間くらいで出産。 その時々の様子に合わせるように真鍋さんがサポートをしてくれて、自分の動きがとても自由にできたような気がします。 気がつくとキッチンにあった椅子で痛みをのがしていたため、2回目のトイレで「これは、まずい!!靴下下着を脱がなくては!!」 と勢いよくトイレから飛びだして椅子に戻って出産となりました。

そして、おっぱいを飲んだ娘はその間完全に眠りに落ち、 ちょうどその日が大雨で外がうるさくて自分の声もご近所に届くことなくタイミングばっちりに長男が産まれてきてくれました。

二人目の出産だったこともあり、体の感覚のままに自分のタイミングで自然に出産ができました。 自分の普段過ごす生活空間での出産。余計な気遣いもせずにその時を迎えられること。 お産を通して、自分の心の状態と向き合ったり、ありのままの自分を受け止めたり、ムリをせずに楽しむように心がけたり、 女性として母として一人の人として「自己」に帰る時間を経験しました。

痛みの絶頂期は、もう、これ経験しなくてもいいよーーーと思うものの、 また新たな命と出会うことを楽しみにしていたりします♪その時はまた、よろしくお願いしまーす☆

voice_img01voice_img03voice_img04

T・I様「病院の都合ではなく、本人&赤ちゃん&家族が主体のお産」

今回8年ぶりのお産でときどき不安になることもありましたが、真鍋さんのお人柄もあり 全てうちあけることもでき、 また体重が増えすぎたことも甘いもの食べすぎたときも否定でなく受けとめてくださったことにより、私のマタニティライフは充実しイキイキしたものとなりました!!

マタニティライフ、そして陣痛の過ごし方(気分転換にコンビニに行ったり、入浴したり)、出産、出産後の生活全てが病院側の都合ではなく 本人プラス赤ちゃん&家族主体で選択できるというのは本当にありがたく、贅沢なお産というのにピッタリ☆

産後の不安もすぐ相談できる環境も今、安心して子育てを楽しめる要素のひとつかなって思っています!!

voice_img05




1 / 212